新赤道儀のケース作ってみたその2 完成しましたよ

この間載せた赤道儀ケースが完成しました。

完成した箱の感じはこちら
272022107_3203122540012451_8292446224472130666_n.jpg

メインの材料は仕上げ材にも使われているシナベニアで厚みは12mm重さは箱単体で約2~3Kgでペリカン
よりかは軽いのかな?取っ手はケースバイケース用に使われる取っ手で重量物でも大丈夫で念の為固定方法
をボルトナットタイプにして強度を上げました。
中にある左右のフックは汎用取っ手を使って固定ベルト用のステーにしました。
外側はニスを3度塗りしてべニアの表面劣化の防止と見た目少し綺麗になりました。

赤道儀を入れたのがこちら
272163460_3203122640012441_6888233387992030242_n.jpg
上下のクッションは130Dの専用ケースの時に使った残りを使用して新しく購入したのは
30mmのハードクッションです。
固定には汎用マジックベルトバンドで本体が動かないように固定まだ少し改良の余地が
ありますがこれで移動用のケースが完成しました。

費用的にはスカイウォッチャーのケースより少し安いかな?ペリカンよりだいぶ安い
ですww
スポンサーサイト



新赤道儀のケース作ってみたその1 そして原因が判明!

年末に新しい赤道儀が来たのですが梱包が
発泡スチロールだけなので専用収納ケース
をネットで色々探したのですがサイズに合う
ケースが無い..星仲間の方からのアドバイス
でSky-Watcher EQ6PRO用アルミケースが良い
との事で在庫状況確認したら何処も欠品中で
入荷の見込みも立っていないとの事..
Sky-Watcherのカタログには載っているのに
流石海外製品です。

で再入荷も解らないのでじゃあ作っちゃおう
って事でケースを制作しました。

木製ケースですが知り合いの工務店さんの
にお手伝い(制作の85%は大工さんww)
して貰い箱が完成~
271838132_3200220546969317_2024396546738070186_n.jpg

仮に赤道儀入れてみました。

これからニス塗りして丁番と取っ手そして
トグルラッチ取り付ける予定です。
また完成したらこちらに載せますね。

そしてATPの画像保存トラブルの原因が判明
当初カメラの設定などの事が原因と思われた
のですが実は画像の保存先を設定できるのですが
指定先ホルダー名を日本語で書いたホルダー指定
するとATP側が認識できないので撮影するとpngのみ
保存されてしまいます。
この指定ホルダーを英語名にするとfitsファイル画像
にちゃんと保存できました。
そりゃそうですよね元々英語のソフトなので日本語
だと認識しないのは当たり前です。

助言等色々面倒見て頂いたTezさんに感謝です。

これで改めてファーストショット撮影したのですが
色々トラブル続きでライト画像は無事撮影できたの
ですがダーク、フラット撮影するとカメラの電圧低下
エラーがでて撮影出来ず...これは後から撮れるので
問題はないですがこの原因は昔ラジコン用の安定化電源
持っていたので使ていたのですがそれでは電圧が足らない
ようで12Vが11Vまでしか電圧が上がらない事が原因のようです。
デジイチなら問題ないのですが冷却カメラの場合は
100V安定化電源ではなくディープサイクルバッテリー
で運用した方が良さそうです。

本年も宜しくお願いします

皆さん明けましておめでとうございます。

昨年は緊急事態宣言でたりして中々遠征出来ません

でしたが今年こそは穏やかな世の中になると

良いのですがここ最近はまた新株の影響も出て

いるのでお互い感染対策して良い星空に出会いたい

ものです。

今年は新機材等増えたので色々撮影したいと思います。

ガサツな私ですが本年も宜しくお願いします。271134061_3189595444698494_8592202331835784289_n.jpg


早速準備して遠征行ってきますので探さないでくださいww

二台目の赤道義やって来た!

今の主力赤道儀SEⅡに続き2台目の赤道儀が我が家にやって来ました~
Atlas-EQG-1-web.jpg
2台目の赤道儀はこちらORION社から出ているAtlas EQ-Gです。
名前は違いますがケンコーのEQ6Proとまったく同じ物です。
新古ですがほぼ新品状態で値段も格安だったので購入しました。

これから少し手を加えて来年デビューできればと思ってます
夢の2台稼働出来るかな?
今日はクリスマスイブなので自分サンタプレゼントしてみましたww

バラ星雲と一角獣座星雲帯

先週の新月期に撮影したバラ星雲と一角獣座星雲帯です。
266332645_3174520506205988_9211341479459172714_n.jpg

撮影データ 
撮影日12月4~5日
鏡筒 タカハシFS-60CB+レデューサ
焦点距離255mm f4.2
赤道儀SEⅡ
カメラ EOS6D ハヤタラボ
ISO1600
露出120秒   45枚

当初60枚ほど撮影したのですがシーイングがイマイチ
だったので十数枚ボツにしました。


今年〆の遠征とレナード彗星 

2021年最後の新月期、天気予報も晴天なので富士山の麓
まで一昨日~昨日にかけて行ってきました。

今回はメイン鏡筒130Dではなく昨年末に購入した
FS-60CBをようやくファーストショット出来ました。

現地には日没前に到着すでに星屋さんが数人来てました。

日も暮れてしばらく鏡筒を外気温にならして撮影開始です。
60CBは焦点距離355mmですが今回レデューサ付けて
焦点距離255mmでテスト撮影した晩夏の星雲と冬の星雲帯
狙ってみました。

そして今回の目的の一つここ最近増光し始めたレナード彗星を撮影
してみました。

夏、冬の星雲帯はまだ画像処理が終わってないのでサクッと処理した
レナード彗星とM3球状星団とN5466です。
264418114_3169980199993352_658798283015700479_n.jpg
2021.12.5 
鏡筒タカハシFS-60CB+レデューサ
焦点距離255mm f4.2
赤道儀SEⅡ
カメラEOS6D ハヤタラボ
ISO1600 露出120秒 4枚

雑な処理なので写りが微妙です御免なさい。
丁度このレナード彗星が見え始めた頃東側に雲が出て撮影できるか
微妙でしたがしばらくしたら雲が消えて幸運にも撮影する事が出来ました。

またほかの作品上手く仕上がったらこちらに載せます。


そして薄明になり撮影とフラット等撮影終了~車の中で仮眠して
無事帰路に着きました。

来年1月の初めが新月期この間上手く出来なかったQHYカメラ
リベンジ撮影してきたいと思います。
来年こそはコロナの縮小そして天気の良い星空になると良いな~

どなたか解る方いますか?

久々のブログです。

今月初めに1年振りの遠征...ようやくQHYのカメラの
ファーストショットまでこぎつけましたがここまで
くるのに山あり谷ありそして遠征も終わり帰還して
画像チェックする為PC電源入れるとしばらくして
電源ダウンそれの繰り返し調べるとマザーボードか
電源の故障らしくマザーと電源用交換...まあ9年
持ったので元はとれたかな?
どの道Win11の変更もあるので使えるパーツを残して
全て交換しました。

さて題名にも載せましたがQHY268Cで撮影したのですが
保存ファイルデータがpngファイルのみ保存されていてfitsファイル
が無いという現象が起きました。
制御ソフトはATPを使用してますがファイルの変更項目も無くQHYの
設定ページにもファイル変更欄はありません。
もしどなたかファイル変更や設定方法御存じの方いらしゃったら
教えて頂けると助かります。
QHYのドライバーは2021.10.18の最新です。
258861784_3161241620867210_433990464497007914_n.jpg
11月御岳遠征1枚撮りの天の川です。


K-ASTEC ASI EAF取付金具取り付けてみた。

この間手に入れたK-ASTEC製ZWOEAF専用取り付け金具を日曜に
取り付けてみました。
241880790_3106796249645081_6161891653631662982_n.jpg
説明書は紙媒体ではなくメールで添付される形ですが説明書無しでも取り付けに
手間はかかりませんでした。
ただベルトを取り付ける時は鏡筒側を固定せず大きい方のプーリーを回しながら
ベルト入れるとスムーズに取り付け出来ました。

またタカハシ純正のフォーカスつまみのネジもストッパー及び固定の為に使います。
242077574_3106796426311730_8702199550216430328_n.jpg
ベルトのテンションはそんなに負荷がかかるものではないので指で押して少したわむ感じで
良いのかな?とりあえず現地で試してみます。

これで回転装置も普通に使えるのと電源BOXと配線に余裕ができたので良かったです。

尚、説明書メールには限定商品と書いてあったのでもしかすると部品等の数がなくなったら
しばらく再販に時間がかかるのかな?



K-ASTEC タカハシ汎用接眼部用のASI EAF取付金具

昨年から導入したZWOのEAFフォーカサーですが付属ステー
を使うとステーの長さ+本体なのでかなり出っ張り感があり
130Dに付けると回転装置が使えないのとK-ASTEC旧式鏡筒バンド
だと取っ手ギリギリになります。
106125120_2727174104273966_2803382539344543839_o.jpg

そこでK-ASTEC製のオリジナルフォーカサーも考えたのですが
当時既に絶版品で某オクでも高価落札されるので我慢してましたが
今年の夏前にK-ASTECさんのブログでこのEAFの専用取り付け金具
の発売予定の記事が載っていたので発売日を楽しみにしてましたが
初版は即完売ようやく再販されたので注文して今日届きました~
241415058_3102009623457077_3432376383953531238_n.jpg

中身はこんな感じです。
取り付けは今度の新月期まで時間があるのでゆっくり取り付けたいと思います。
241509992_3102009703457069_3160542091402902022_n.jpg

また取り付けたらこちらに載せたいと思います。

散々な8月とまさか!

久々のブログです、皆さんお久しぶりです。

8月の新月期は緊急事態宣言や天候不良やらで連泊予定していた
しらびそ遠征も延期にしたのですが一晩だけ晴れそうだったので
近場のある所まで行ってきました。

が....日没2時間は雲ひとつ無い快晴だったのが機材等設定が
済んでいざ撮影と思ったらなんと高層の雲が西から広がり始め1時間も
経たないうちに雲に覆われ結局天文薄明まで晴れませんでした...
まあ唯一の収穫は冷却カメラの試運転とATPの同期が確認と今後の
やり方が分かっただけ良かったかな(笑)
毎年ですが日に日に天候不良率が上がってきたような気がします。

でもこの出来事をひっくり返す情報が.....

まさか通い始めて約10年近くなるしらびそ高原の土砂捨て場が
閉鎖されたとの情報が星仲間のブログで知りました。

閉鎖の理由はこのコロナ過でここ近年稀にみるキャンプブームになり
無法キャンパーが焚火や直火などが目立つようになり行政が防災目的で
入り口を閉鎖したようです。
この場所を知っている方だと解ると思いますが火事になると消化施設が
ないので焚火等は大変危険です、数年以上前ですが私もこの場所で
焚火キャンパーが居て注意した事があります。
大部分の方はルールを守ってこの場所を使わせて頂いてましたがまさか
こんな事になるとは....解除の条件はまだ分かりませんが何時か
この場所でまた星撮りしたいものです。

240773041_3099459483712091_4299706273349448633_n.jpg
この場所はとても良い撮影地でした。

blog_import_5df76fda57b0d.jpg
4年ほど前のGWでしたがまさかの雪が...!当時のハイランドしらびそのフロントの方が
こんな事初めてだと話していた事を思い出します。

240580751_3099108000413906_3061760511531970744_n.jpg
昨年唯一コロナの宣言が無かった11月の新月期に行った時の写真。
これが最後のしらびそ遠征になるとは.....

私の方でも色々調べてみますがこの閉鎖が少しでも短い期間になる
と良いのですが....


今月2回目のワクチン接種も出来るので来月の新月期星撮り出来ると
良いなぁ~


御訪問者
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

星鳥

Author:星鳥
車で星の綺麗な場所まで行って天体写真撮影してます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる