赤猫初撮り

前回はガイドの不調等でRedCat 51のファーストショットが
叶わずでしたが今月は新月期と連休が重なり天気予報もまずまず
の予報なので連泊してきました。

先月に続きGENTAさんとUTOさん所属の遠州天体写真愛好会さん
のホームにお邪魔させて頂きました。

日没となり冬の星たちが見えてきましたがオリオン座も既に南中
近く早速撮影準備! 
PHD2のガイドの設定を教えて頂き問題解決そしてAPTでの
ポイントクラフトも順調に作動して撮影開始です。
ただこの地域特有の風遠州おろしが強く吹いたり止んだり
上空には雲が湧いたりと天候がコロコロ変わります。
また夜半を過ぎると春の銀河祭り赤猫で撮影する対象が
なくなるのでこの日は終了~
2日目に続く...

2日目の天気予報も二点三点な予報でしたが日没後は風も無く
綺麗な星空!今夜は上手くいきそうな感じでしたがそんな事は無く
夜中やはり天候が急変、晴れてた空が北から曇り始め撮影も
難しそうと思いフラット等撮影してたら何か白い物が...
雪です数分もせずに降りが強くなってきたので就寝中のTezさん
を起こして慌てて機材にカバーかけました。
先月も雪からスタートでしたが今回も天気に振り回されました(笑)
その中でも何とか撮影したクラゲ星雲、モンキー星雲付近です。
430952718_3779314429059923_8542915277477841955_n.jpg
撮影データ 
鏡筒 William Optics RedCat 51 II-U
焦点距離250mm f4.9 APS換算 375mm
赤道儀SEⅡ
カメラ QHY268C 
冷却温度 -10℃
Gain ISO 25
Offset 15
露出 240秒 20枚 総露出80分
フィルター HEUIB-II

クラゲの明るい星のゴーストも殆ど無く性能の良い鏡筒
のようです今回は空のシーイングの良しあしもありですが
ファーストショットの作品ではOKかな?
夏の星雲を撮影するのが楽しみです。

メイン鏡筒の作品もこれから処理するので上手く出来たら
こちらに載せますね。

※パルスガイドですが前回の記事で1つの方法として載せましたが
接続設定のカメラをASCOMにすると速度が遅くなるようでQHYカメラ
の場合はQHYCameraを選択が正しいようです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした。

遠征お疲れさまでした。
あの雪には本当にビックリしましたね。

RedcatⅡ51でのファーストショット成功 良かったですね。
APTのPoint Craftによる導入成功とAscomガイド成功おめでとうございます。
ガイドカメラのネィティブドライバーでもAscomガイド出来るのは、私も初めて知りました。

次に会う時を楽しみにしています。

Re: お疲れさまでした。

GENTAさん、こちらこそ色々面倒見て頂き
ありがとうございました。

曇る予測はある程度見越してましたがまさか雪が
降るとは思いませんでした。
丁度起きていたので良かったですが仮眠してたら
と思うとゾッとします(;^_^A

その天候の中でも何とか撮影出来た事は幸いでした
APTのPoint Craft導入と自動子午線越え
システムも稼働してくれたのでこれからの撮影がとても
楽になるかな?
またガイドも色々調べたりお聞きしたり中でネイティブ
ドライバーでの運用が一番互換性が良い事を知り天候に
振り回されましたがいろんな成果が取れた遠征でした。

こちらこそ今度お会い出来る事を楽しみにしてます。
今回の連泊お疲れさまでした。
御訪問者
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

星鳥

Author:星鳥
星の綺麗な場所まで行って天体写真撮影してますネタが無いと更新しませんが宜しければコメントもしくは拍手貰えると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる